PICK UP

インターネットを利用して動画やゲームをダウンロードして楽しんだり視聴するには、ISDNやADSL回線でなく光回線を使うと快適な環境になると言われています。
ただ光回線にしても思ったような速度が出ない場合があり、そのような際には回線速度の測定できるサイトで計測することも出来ます。
一般には100Mbpsとか1Gとかというような言葉が聞かれますが、あくまでも最大速度のことを示していて、実際回線の速度は20Mbpsというのが平均であるとも言われています。

しかしどうせ光回線に変えたのならなるべく速い速度で利用したいと考えるものです。
これらの速度に差が生じる原因としてはプロバイダーによる違いがあるという意見もあります。
プロバイダーによっては各県ごとに設備機器が設置され混雑状況が違う為に速度に差が生じるということもあるようです。
実際にプロバイダーを変更して速度が10倍に改善したという例も見られます。
光回線も一戸建て住宅と共同住宅の場合では後者は1本の線を多くの居住者で利用することになるために速度が落ちるということも言えるとされています。

インターネットに関する知識を多く持ち合わせることで色々なことも分かって来ると言われています。
光回線の事業者も数社あり最大速度が違うことも認識しておく必要があるようです。
家庭で利用する場合無線LANを使う以外はLANケーブルが使われると思われますが、これもケーブルによって通信速度が異なる為に速度が違って来るということもあるようです。

LANケーブルはカテゴリー5から7まであって現在5になっている場合はこれを7に変えるかその価格が高すぎる場合は6aが値段も安くて適切であると言われています。
無線LANルーターを使っている場合は親機によって速度が変わって来ることがあり、規格が複数あるためにスペックに応じて11acという規格のものを使うのが望ましいと言われています。
これらのファームウェアやドライバーを更新することで改善されることもあるのでこれは試してみることが出来ます。

パソコンが古いとCPUも遅くてメモリ量も少なく、HDDの容量も不足気味となるために内部メモリとしての効果も出にくいと言われています。
従ってハードやOS、ブラウザのバージョンなど新しいものに替えることで改善されることがあります。
ウェブサイトを利用する人の多い時間帯というのがあってそのような場合には混雑するために回線速度が大幅に下がるとも言われています。

NURO光が使える地域は使ったほうが良い

プロバイダーによって通信速度に違いが見られるということはよく言われています。
NURO光というところは現在世界最速と言われています。

特徴としては下り最大2Gbpsという圧倒的な速度を持っています。
従って音楽や動画、ストリーミングサービスやブラウザ利用時にもストレスなく快適に利用できます。
高速無線LANやセキュリティサービスもついていて月額4千円台でお得とされています。
専用のホームゲートウェイとPCを接続すれば即使用できるようになります。

プランは戸建住宅と7階以下の集合住宅で適用になっていて、サービス提供エリアは以下の通りとなっています。
一部地域はサービスが提供できない場合もあるとされています。

関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
栃木
群馬
東海
愛知
静岡
岐阜
三重
関西
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良

NURO光のマンションプランは8階建て以上の共同住宅に対応していて無線LAN・プロバイダー料金込みで1900円台からあり割安で利用できます
但し制約もあってマンション内に申込者が4世帯以上集まっていなければならず、加入した後にこれが4世帯を下回った場合には3ヶ月間の猶予期間はありますが、残った世帯も強制的に解約されることになっています。

通常のNURO光の5倍の速度を持つとされる10Gは月額料金6480円(税抜き)で利用できることになっています。
対象エリアは東京、神奈川の一部エリアの戸建てのみという制約が付いています。
10Gは一般の通信機器には対応していない為にこれに適合するLANカードを揃える必要があるとされています。

auひかり

auひかりというプランもあります。
フレッツ光に利用者が集中して回線は全体的に遅くなって来ているとも言われています。
auひかりの場合は電力系の会社の回線を使用して快適で速いと言われています。
月額料金もほぼフレッツ光と同じと言われていますのでこちらも候補の1つにすることが出来そうです。
但しこれが使えない地域も存在しますのでここはしっかりとチェックしておく必要があります。

フレッツ光をはじめ光回線の事業者やPC環境の違いを知識として身につけて多くことも大切です。
住んでいる地域やフレッツ光を引いたほうが良いのかどうか、料金プランなどとも組み合わせを考えて決めるべきとされています。
プロバイダーによる回線速度によって料金プランが適切でないと感じた際にはこれを後から変更することも可能です。

新着記事

記事一覧を見る